Home > 2009年04月16日

2009年04月16日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

靴を睨む

はじめまして、コンピのお誘いを受けまして、今回参加することになりましたwintermuteです。ニコ動ではミクゲイザーの人とか言われてます。光栄です。

自己紹介ってことで、名前の由来でも……と思ったんですが、シューゲイザーについて語ります。思いつきです。

シューゲイザーというのはロックのサブジャンルでして、1980年代終わりから90年代はじめにかけて流行しました。何やってるのかわからないくらいノイジーで残響たっぷり、かつ内向的なサウンドが特徴です。代表的なバンドはMy Bloody Valentine、Ride、Slowdiveあたり。特にMy Bloody Valentine、通称マイブラの『Loveless』は金字塔です。シューゲイザーって名前は、この手のバンドがたいてい俯きっぱなしで演奏してたことから、靴を睨んでる(Shoe Gaze)みたいだってことでつけられました。

起源は60年代のVelvet Undergroundや初期Pink Floydなんかのサイケデリック・ロックにさかのぼります。直系の始祖といえるのはThe Jesus and Marychainの『Psycho Candy』。やったらノイジーな轟音ギターはこのバンドが元ネタです。シューゲイザーというジャンルはブリットポップの隆盛でさくっと廃れていったんですが、そのサウンドはいろいろなところに影響を残しました。

シューゲイザーな轟音ギターは、メタルやヘビーロック系のディストーション・ギターとは、かなり作法が異なります。使われるギターはフェンダー・ジャズマスターやリッケンバッカー、レス・ポールあたりが多く、アンプもあまりゲインの高いものよりオールド系のマーシャルなんかが使われます。ちょっと強引に歪ませて中域が持ち上がった雑味の多いサウンドで、かなり潰れた感じ。深くリバーブを使い、フレーズの輪郭をあえてぼやけさせて音の壁を作ります。トリップ感が重要です。

強烈なギターサウンドばかりに注目が行きがちなんですけど、シンプルで甘いメロディも魅力のひとつです。それが浮遊感のあるノイズの海から聞こえてくるのが、すてきなのです。

最近はネオ・シューゲイザーとかいって、新しいバンドがちょこちょこいるみたいですね。

そんな感じでした。では、また。

Home > 2009年04月16日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。